ワードプレス

ウェブハッキング、バックドアの危険コード検出プラグイン

サーバーハッキングのために密かにインストールされてバックドア(PHP)を簡単に探し作ったプラグインです。 PHPで利用することができる関数が使用されたファイルを検索し、メールでお知らせします。   ワードプレス、Pinoyの5から簡単にインストールして使用することができます。   初めて有効時、全体的に検査を行い、毎時間ごとに疑わしいファイルが検出された場合、管理者メールでお知らせします。   使用方法 そのソリューションに合ったプラグインをダウンロードします。 下記のようなフォルダにダウンロードした...

ウェブ(PHP)ハッキング、危険コードのチェックプログラム

サーバーハッキングを介して不正なPHPがインストールされている監視と危険性があるコードがあることを簡単に確認するために作成しました。 そのコードをサーバーのアカウントに作成して上げます。 下のダウンロードボタンをクリックして頂き、監視プログラムをダウンロードします。 ダウンロードしたプログラムを実行させた後URL(s)に(1)で作成したURLを入力します。 Diagnoseをクリックすると、以下のように思われるファイル名を教えてくれます。 普段...

ワードプレスのテーマを変更する

ワードプレスのテーマを変更する際の原稿を触れることなく、バックアップ(子テーマで表現)されたファイルを修正して使用する方法です。 使用する子テーマを簡単に確認するために、テーマの名前を組み合わせて、「wp-content / themes "フォルダに新しいフォルダを作成します。(例えば、元のテーマが「twentyfifteen"であれば、 "twentyfifteen-child"にフォルダを作成) 元のテーマの「style.css」を子テーマのフォルダにコピーして、「Theme Name "、" Themplate」を下記の...

ワードプレス、Pinoyの連動

現在これでワードプレスとPinoyのを連動した方式です。 サイトをより安定化をさせた後、ソースを公開しようとしたが、Pinoyのユーザー分の要求(?)に即興して作成されたものあげます。 (http://sir.co.kr/bbs/board.php?bo_table=cm_free&wr_id=741180) 今後、Pinoyののhead.php、tail.phpでワードプレスで作成されたページを直接呼び込んで、キャッシュ処理、およびコンテンツ領域を上下に分けた後、出力することを考えています。 - ワードプレスのメンバーDBをベースにPinoyのと連動して、...

Googleでjqueryもたらす送る

トラフィックのために、画像、フラッシュファイルは、別のサーバーに置き換えて接続してノァトウム jqueryはサーフィンの以下のようなソースを発見した後、Googleに接続 変更したファイル:テーマ/functions.php [PHP] //Making jQuery Google API function modify_jquery() { if (!is_admin()) { // comment out the next two lines to load the local copy of jQuery ...

Pinoyの連動完了

ワードプレスのメンバーDBに基づいてPinoyのと連動させて、これでログイン時文章作成が可能にした。 サブドメインとクッキーを共有 ワードプレスをインストールするサーバーに、以下のソースを「wp-sso.php "として保存 [PHP][/PHP] Pinoyのセッションの値がなく、ワードプレスのクッキーの値がある場合は、2回のモジュールをサーバーで処理してSSO(Single Sign On)機能の実装 Pinoyのセッションの値があり、ワードプレスのクッキーの値がない場合は、セッションをクリアこのページを...